活動のようす

第26回ともしびのつどい(H22年度)

平成22年8月9日〜10日、滋賀県神社庁にて第26回神職子弟の集い「ともしびのつどい」が開催されました。

本年度は神職子弟の参加が少なかったものの、ハンドクラフト(本年度は掛け軸作り)を2日間に分けて行うことで、より充実した内容で2日間を終えることができました。

第1日目には正式参拝、開講式の後に昼食をとり、子供達に好きな文字を筆で書いてもらいました。書き始めは細く弱かった字でしたが、習字経験者のスタッフが少し指導すると、子供達の書く字は短時間でみるみる力強い字へと変わりました。

その後岳尋幸研修所講師による白衣・白袴の着方やたたみ方、祭式の作法を学び、夕食を挟んで大津大神宮にてともしびのつどいと夕拝行事が執り行われました。

第2日目には朝拝行事、朝食の後にハンドクラフトの続きを行いました。前日に書いた習字の作品に子供達の名前を彫ったゴム印を押し、掛け軸の台紙に作品を貼り付け、なんとかそれぞれに掛け軸を完成させました。

ハンドクラフト後には恒例の流し素麺の昼食をとり、昼食後に閉講式を行い、解散となりました。

神職子弟の皆さん!是非ともしびのつどいに参加して、夏の思い出を神青会員と一緒に作りましょう。
開講式 みんなのちかい唱和 ハンドクラフト前の講義 掛け軸のかけ方〜収納の仕方まで 習字のようす 習字のようす 習字のようす 白衣・白袴の着方 白衣・白袴・襦袢のたたみ方 大祓詞奏上 集合写真 ともしびのつどい ともしびのつどい ともしびのつどい 掛け軸完成 流し素麺 閉講式
 
 
戻る
このページのトップへ